四條畷市・寝屋川市で妊娠されている方、腰痛に気を付けて !!

2019年12月16日 03:28
カテゴリ:腰痛

妊娠している方、腰痛の原因はいろいろですよ !!

妊娠・出産の経験のある女性であれば、
お分かりだと思います !


妊娠すると腰痛に悩まされるのでは
ないですか ?


その原因はお腹の中のお子様が
段々と大きくなっていき、お腹も
目立つようになってくると、姿勢も
変わってきますので、それが原因と
思っていませんか ??


妊娠中の腰痛の原因って、
それだけではないのですよ。


もちろん、お腹の赤ちゃんが成長して
お腹が大きくなるにつれて、
母体=お母さんにかかる負担が
大きくなります。


体重の方も、胎児・羊水で
必ず増加はしますが、ただそれだけの
原因の体重増加は稀だと
思っておいて下さい。


そして、姿勢の変化です。


お腹の変化で、重心が前方に移り、
腰椎が前方に反っていき、
骨盤も前方に傾きます。


それだけ腰椎・骨盤にかかる負担が
大きくなってきますが、運動も
出来ないので、体を支えている筋力も
低下してきて、さらに腰痛がひどくなる
ケースもあります。


産後に関しても、妊娠中の腰痛が
残る場合もありますし、育児を
行っていく上で起こる腰痛も出てきます。


また、出産においても骨盤の関節、
主に仙腸関節に大きな負担が
かかってきます。


骨盤部分においては、とても強い靭帯で
支えられている部分が大きいのですが、
出産によって骨盤の関節が
緩くなり、バランスが悪くなり腰痛になる
事もあります。


育児に至っては、さらに最悪になる場合があります。


それは、妊娠中になってしまった腰痛。
出産で骨盤の関節が緩んで
バランス悪くなり腰痛が悪くなり、
育児で赤ちゃんを抱っこしたり
おんぶしたりして姿勢がさらに悪くなり
腰痛が悪化していく傾向がみられます。


そして、慣れない育児で腰痛ばかりではなく
肩こりや背部痛(背中の痛み)も
発症してきます。


お母さんは赤ちゃんに何も起こらないように
無理な姿勢を取り続けます。


それは仕方のない事です。
大事な大事な家族なんですから。


ですが、筋力や体力も低下している事も
事実です。


体のケアをせずに体をそのままにしておくと
体の主要な部分に変性をもたらす可能性もあります。


出産後は、まずは無理をしない。
そのままにしておくと、体に異変が
あるまま生活していくことに
なりますので、十分に気を
つけるようにして下さい。

本気で、産前産後の
腰痛の辛さから解放されたい方は・・・

こちらをクリック!!
https://www.yanagimoto-sejutu.com

ブログを見たという方は先着5名さま限定

初回10,000円→2,780円です。
お電話   0120ー76ー9245
までお気軽にお問い合わせ下さい!!!

LINEでご予約されますと
さらに特典がございますので・・^_^

お予約はLINE@が便利ですので、
下のボタンをタップして頂いて
ご登録お願いします!!

友だち追加
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)