なぜ筋肉に着目するのか?


近年、筋肉の異常が筋肉そのものだけでなく、関節痛などの症状を引き起こすことがわかってきています。

よく、痛くなったりしびれたりすると「骨がどうにかなっているのかな?」や「神経に何かが起こっているのか?」

と思われる方がおおくいらっしゃいます。

ところが、実際は『 筋 肉 』が悪さをしていることが意外と多いのです。

大切なのは以下の2つです。

① 「筋肉」が「症状」の原因になるということ

② 「症状」のあるところが、原因であるとは限らないということ

このように、『 症 状 』の原因になっているのは、『 筋 肉 』なのです。

脳からの指令でも…


筋肉が正常に動かない。

脳梗塞などで半身が動かなくなること起こります。

これは、脳が体を動かしている証拠でもあります。

そうだとすると、健康な脳なら筋肉は動かせるのか?ということになりますが、実際はそうともいえません。

カチコチに固まった筋肉は、動かそうとしても動かないのです。


☆ 運動をしても

☆ 体操をしても

☆ ストレッチをしても

マッサージ、ストレッチや運動では

元には戻せません

伸びなくなっている筋肉はそれ自体ではなかなか動いてはくれないのです。

さらに

深部の筋肉や…


頸部の小さな筋肉。

「脳が動かせない?そんなことない、腕を回せばちゃんと動く‼」

こう思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、動いていると思うのは大きな筋肉(アウターマッスル)で、

深部にある小さな筋肉(インナーマッスル)は

思うように動いていないのです。

そして、その動いていないインナーマッスルにコリができてくるのです。

例えば、力こぶは作ろうと思えば自在に作れます。

しかし、背骨近くにある小さな筋肉のみを

動かそうとしても、自在に操ることはできません。

では、どうすればいいのでしょうか?

電圧刺激治療器により

筋肉を生き返らせましょう


運動、ストレッチやマッサージをしても動かなくなった筋肉はそのままにしておくと、

さらに動きにくくなります。

高電圧刺激治療によって、

脳からの指令と同じような電気信号を送り、

筋肉の動きを取り戻すことにより、徐々に動く筋肉へと正常化してきます。

正常化された筋肉は、機能異常によって生じていた不快感や痛みなどを解消していきます。

★ そして ★

生き返った筋肉にも


お手入れが必要です。

電圧刺激治療により、生き返った筋肉も

そのままにしておけば、

また動きにくい筋肉に戻ってしまいます。

たとえば

虫歯を治療すれば、

予防のために歯磨きをしっかり

行いますよね。

それと同じことが言えます。

電圧刺激治療で生き返った筋肉のお手入れは

ご自身でのストレッチ・運動を心がけるようにしてください。

そして

当院おすすめの電圧刺激治療をぜひともお試しください。


powered by crayon(クレヨン)